« 2011年1月 | トップページ

2011年8月に作成された記事

2011年8月10日 (水)

[ChaChaその3]HTC CHACHAのrootを取ったよ ー root編

Chacha
HTC CHACHA

さて。root化続きです。

手順は、まず、

ClockworkMod Recovery port for the HTC Chacha

を入手します。URLは以下。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1164468

1. PH06img.zipをmicro SDのルートにコピー
2. 電源をOFFにする
3. Vol Downキー+電源ボタンを押し、bootloader modeで起動。
 ※Fastboot modeをOFFにしておかないと、Bootloader modeで起動出来ません。
>> Setting > Power > Fast bootのチェックをOFF。
電源をOFFにする前にチェックを外しましょう(当たり前かw)

4. Do you want to start update?と聞かれたら、Vol UpキーでYesを選択
5. 電源ボタンで再起動
6. micro SDにコピーしたPH06img.zipは削除

これで、ClockWorkModがインストールされます。
Cwmchacha
ClockWorkMod(CWM) for CHACHAの起動画面

そうしたら次はここを参考にしてroot化を行います。

How to root HTC Chacha (for S-OFF only)

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1184118

ここから、su-2.3.6.1-ef-signed.zip を入手し、MicroSDに保存。

CWMの画面から、”Apply zip from SDCard” を選択し、su-2.3.6.1-ef-signed.zipを選んで、リターン。そして、”Yes”を選択します。正常に終了したら、Reboot。

恐らく、ここまでこれれば、root が取れていると思います。

あとは、いままで出来なかった、あんなことやこんなことをご自由に(自己責任で)

ちなみにsoniaは、

・BusyBoxのインストール
・Fontの入れ替え
・Market Enablerのインストール(日本のSIMを使っている方にはあまり関係ないですね)
・CpuTunerのインストール。(バッテリーの持ちがずいぶんと違うと思います)

をやっています。(他にも有るかも)

----
sonia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

[ChaChaその2]HTC CHACHAのrootを取ったよ ー S-OFF編

Chacha
HTC CHACHA ー 液晶部分が前に出ているデザインが秀逸と思う

さて、HTC CHACHA。SGS2を購入して一週間も経っていないのについ購入したのは、この白とシルバーの筐体デザインが思いの外良かったからです。

 QWERTY好きのsoniaとしても、このキーボードは思いの外使いやすく、ATOKとの相性も良好で(ソフトキーボード画面の表示、非表示とかできればもっと良いのですが)、AndroidハードQWERTY機との相性のポイントである、半角ー全角変換も、「FN-Space」のキーコンビネーションで可能です。

 そうなると、使いこなしたくなります(root化自身が目的という話もw)。ということで、お約束のroot取り。
今回のエントリは、その前段階のHTC機名物?「S-OFF」化。

Soffchacha
私のCHACHA。既に「S-OFF」となっています。

S-OFFとは、セキュリティOFF(多分)の事で、この状態にしないと、ファームのアップグレードなど、所謂ROMを書き換えることが出来ません。機種によってこのS-OFFのやり方は異なる様ですが、現時点(2011.8.7)、このCHACHAはXTC-Clipという装置を使ってSーOFF化することが出来るようです。

ということで、soniaは、この装置を探しに、行ってきました。何時もの不夜城@上海。「S-OFF」化を看板に出しているHTC専門店みたいなところが有りましたので、そこのお兄さんに、「XTC-Clip有る?」と尋ねると、「有るよ、1000元」とのこと。1万二千円位ですね。
 うーむ、日本でもそのくらいで手に入るみたいだし、仕方ないかな...と考えていると、そのお兄さん、「CHACHAなら、100元でやってやるよ」と提案。
 たしかに、今後、何度もS-OFF化することも無いと思いますので、今回はお願いすることに。

Xtcclip
作業中。フラットケーブルが繋がっている先がXTC-Clip

さて、待つこと、二〇分位でしたか、無事、S-OFF完了※。

まあ、100元払って、1000元節約できた上に、慣れない作業をせずに済んだし、満足です。さて、次は、root化。それは、次回に続く,ということでw

※大陸でHTC機を買うと、デフォがS-OFF化されていることが多いです。「何故か?って、それは、そうでしょw」 ちなみに、このCHACHAも、XTC-Clipが対応したこともありS-OFFで売られているものが出回るようになった様です(taobao情報)。購入時に希望してくれれば「S-OFF」機を提供するみたいなことを書いているショップがありますので、その辺使うと、この100元も不要になりますね。

----
sonia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

[SGS2その2] Samsung Galaxy S2 root化手順

Bootloader
Glaxy S2 bootloader 画面

今日のエントリは備忘録です。なお、今回の手順は、私が上海の携帯Marketで入手した、SGS2のグローバル版(Baseband Version;I9100XXKG6)で行った手順です。もしも参考にするときは、お約束ですが、自己責任で!

今回のroot化は既に、root化が完了しているカスタムROMでアップデートするというやり方です。従い、色々なところがアップデートされてしまいますので、念のため。

今回のROMは、ここから入手。
XDA Developers;
[ROM] Lite'ning Rom v5.0 XXKG6 - Fast as Lightning <Link

※まず最初にこのページに目を通して下さい。

手順は以下です。

1.事前準備
・ODINを入手。(今回使用したバージョンはv1.85)
・カスタムROMを入手。ROMは上記ページからリンクが張られています。
・SamsungサポートソフトウェアKiesをインストールする。
 (Device Driverインストールが目的)
・SGS2をUSBデバッグモードにする
 ( Settings -> Applications -> Development -> USB debugging.)
・SGS2をダウンロードモードで起動する。
 (電源OFF後、Homeキー、Vol downキーを押しながら電源オン、五秒程キープ)

2.書き込み手順
・PC(私はこの作業にはWindows7 PCを使用)でODINを起動。
・ダウンロードモードにしたSGS2をPCにUSBケーブルで接続。

(1)SGS2がPC/ODINに認識されると、COMタグに黄色く表示される。
Odin1

(2)先ほどダウンロードしたROMイメージファイルを解凍し、PDAボタンを押して、ファイルを指定する。
Odin2

(3)Auto Reboot/F.ReseTIme以外の全てのトグルをOFFにし、Startボタンを押す。
Odin3


(4)暫く(三分ほど)待つ。
Odin4

(5)上手く行ったら下記PASS!が表示され、SGS2が再起動する。
Odin5

某巨大掲示板を見ていると皆さん苦労されている様ですが、Galaxy S2グローバル版は難易度低い感じです。けどね、何が起こるか判りません。皆様、自己責任で。

※おまけ(Quadrant Bench)
Bench_result0806


----
sonia
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月 1日 (月)

[SGS2その1][ChaChaその1]

Sgs2andchacha
前回が1月で、もう8月になってしまいました。soniaです。久々のエントリは、この一週間で続け様に買った二台の報告。Galaxy S2(SGS2)とHTC ChaChaです。soniaは、この数ヶ月、メインはHTC DesireZなのですが、久しぶりに新しい端末を使いたくなり、この二台を購入。どちらも、不夜城で購入しました。3740元と1750元。1元=12.5円位ですから... 買いやすくなりましたね。携帯も。

 現時点で、SGS2はrootが取れています。ChaChaもS-OFFは出来ましたので、とりあえずこの後、root取りをチャレンジしたいと思っています。文鎮にしなかったらまた戻ってきますね。

久しぶりのブログアップで勘がつかめないsoniaでした。

----
sonia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ