« 日本出張 | トップページ | ちょっと息抜き »

2009年5月26日 (火)

Vistalizator 2.1 アップデート

 久しぶりのエントリです。

昨年、10月22日にエントリしていた、Vistalizaor がアップデートされていましたので、Dynabook Portege R502(SS RX1)にインストールしてみました。

Vistalizator 2.1

 以前の1.4と比べてGUIも随分と変わっています。

 このツールをご存じない方に簡単に紹介すると、Vista のUI言語切り替えを提供してくれるToolです。Vista Ultimateで標準で付いている、UI言語の変更機能が、Vista Buisinessでも使えるようになります。

 詳細は、

 Vistalizator ; http://www.froggie.sk/  です。

 今回のアップデートポイントは、2つ。

 1)Windows Updateが、変更後のUI Languageでも正常に実行できる

 2)Windows Search 4.0 Updateに関連した問題の解決

2)に関して言うと、いくつかの画面が開かない問題(例えば、コントロールパネル>個人設定、などが開こうとして、閉じてしまうという問題)があったのですが、それが解決しています。

 この2つの問題は使っていると、とても気になる問題で、私のPCも結局、オリジナルの言語(中国)で使っていました。

 今回のアップデートは、Vistalizator 2.1をインストール(解凍するだけですが)した後、UI右下に現れる、[Update Languages]ボタンを押下し、上記2つの問題に対応するUpdate Fileを適用する必要があります。このアップデートファイルも、上記WebページのDownloadページから入手することができます。

Download Vista updates: necessary for Express languages only (see details in Help)

 とかかれた部分に記載された、Windows Update Agentと、Windows Search4.0のファイル(該当Vista Versionを選択)をダウンロードしてください。

 ダウンロードファイルを解凍後、Vistalizator2.1の[Update Languages]ボタンからUpdateを行ってください。

 うまくアップデートされれば、上記2問題が解決します。

さらに言うと、微妙に安定しなかった切り替え後のLanguage(私の場合日本語)での動作がとても安定してくれるようになりました。

 実は、このPCは出張用に購入したのですが、ここしばらくは、安定性に不安が有ったことから、普段の業務で使っているThinkPad X60を出張時も持ち出していました(重さは約2倍)。今後は、また、このPortegeを使うつもりです。

 安定したPCって愛着が湧きますよね。その意味で、このバージョンアップはお勧めです。

----

sonia

|

« 日本出張 | トップページ | ちょっと息抜き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

Dynabook Portege」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vistalizator 2.1 アップデート:

« 日本出張 | トップページ | ちょっと息抜き »