« Toshiba Portege R502 | トップページ | 北京首都空港 第3ターミナル »

2008年9月 3日 (水)

Toshiba Portege R502 WindowsXP化

 Toshiba Portege R502 /  ( R500 Series )  (日本名; Dynabook SS RX1 ) のWindowsXP化メモです。もし、同様の変更を行われる場合、自己責任でお願いします。

 Dynabook SS RX1だと、WindowsXPダウングレードキットが提供されている様ですので、あまり、この手順は必要ないと思います。しかし、R502を使っている、日本語のわかる方で、「WindowsXPに入れ替える!」なんて人、いらっしゃるのかしら?

まあ、そのへんあまり深く考えずに、手順を纏めます。

1)初期化前に必要なファイル、環境のバックアップを行う。リカバリディスクを作成する場合は、消去する前に作成してください。

2)Windows XPのインストール

 私、新規インストールで、WindowsXP Professional (SP2)をインストーしました。

※Install前に、BIOS 設定で AHCI をディセーブル(Compatibility)にする。そうしないと、Install中にブルースクリーンになります。

参考;http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/006615.htm

XPインストール中に、「asmsファイルが必要です」が表示される事が有るようです。(私は出ました)=>インストールを中断せず、何度か、再読込させると、通過。

参考; http://support.microsoft.com/kb/311755/ja

3)WindowsXPのドライバを適用する。

Dynabook SS RX1のドライバを適用します。東芝のサポートページに必要な情報が有ります。

ページ名;「dynabook SS RX1/*E*、SE120E、TE120Eシリーズ WindowsXP Pro SP2 アップグレードモジュール」

http://dynabook.com/assistpc/download/winxp/navigate/ss/ssrx1e/sp2/srx1ereadxsp2.htm?qry=.%2F%3Ffunc%3Dpi%26category%3D131020%26keyword%3D%2522SS%2BRX1%2522%2B%2522Windows%2528R%2529XP%2522%26cpg%3D10%26session%3D20080813212345802

このページに記載されているドライバを上から順番にインストールしていきます。

但し、いくつかの問題点が有りましたので、以下に、記載します。

問題点1;Intel Matrix Storage Managerがインストールできない。

これは、AHCIのドライバです。ドライバ群の最初にありますが、インストールをするといきなりエラーになり、へたれます。

これのインストール手順は後述。ここでは、スキップしても大丈夫です。

補足1; いくつか入れなくて良いドライバがあると思います。

・ Atheros無線LAN ドライバ、ユティリティ

・ Intel無線LAN ドライバ、ユティリティ

;必要な方をインストールします。私は、新規インストールする前にどちらが必要かを確認しました。

補足2; 別に入れなくて良いモノもあると思います。これは、自己判断で。

すべて入れると、日本向け版と同じになるのかなと、思っています。

ちなみに私は、

・東芝HDDプロテクション

・東芝オリジナルスクリーンセーバー

・TOSHIBA Direct Disc Writer

・KDDI CDMA 1X WIN通信モジュール搭載モデルのみとかいてあるもの

は、入れませんでした。が、ほかにも入れなくても大丈夫なものは多いと思います。

3)Bluetoothドライバのインストール

ページ名「 「BluetoothTM Stack for Windows® by Toshiba」のアップデート 」のドライバをインストールする。

http://dynabook.com/assistpc/download/modify/btstack/v6/index_j.htm?qry=.%2F%3Ffunc%3Dpi%26category%3D131020%26keyword%3D%2522SS%2BRX1%2522%2B%2522Windows%2528R%2529XP%2522%26cpg%3D10%26session%3D20080813212345802

4)AHCIドライバのインストール

RX1 の BIOS 設定で SATA を互換モードにして WinXP をインストールし、

WinXP が立ち上がった後で AHCI ドライバをインストールする方法は、以下の通り。(2ch dynabook のスレより)引用元が判らなくなりました。すみません。

(問題有ったら、消します) 

手順;

1.dynabook.com のサポート情報から Intel Matrix Storage Manager をダウンロードして展開しておく。 (上でスキップしたモノです)

2.コントロールパネルからデバイスマネージャを開く。

3.IDE ATA/ATAPIコントローラ下の Intel(R) 82801GBM/GHM を右クリックして [ドライバの更新] を選択。

4.[いいえ、今回は接続しません] を選択。

5.[一覧または特定の場所からインストールする] を選択。

6.[検索しないで、インストールするドライバを選択する] を選択。

7.[ディスク使用] をクリック。

8.[参照] をクリックして、ドライバを展開したディレクトリ内の F6flpy\ICH7M_32bit を選択。

9.ドライバ一覧から 82801GBM を選択。

10.警告ダイアログで [はい] をクリック。

11.再起動時に BIOS 設定で AHCI をイネーブル。

---

私はこれで、XP化が完了しました。

XP化完了

sonia

----

|

« Toshiba Portege R502 | トップページ | 北京首都空港 第3ターミナル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Dynabook Portege」カテゴリの記事

WindowsXP」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Toshiba Portege R502 WindowsXP化:

« Toshiba Portege R502 | トップページ | 北京首都空港 第3ターミナル »