« DOMKE F-2 | トップページ | 上海移動通信のプリペイドカード »

2008年8月 1日 (金)

悶熱な上海と防湿庫

 台風8号が中国大陸に上陸してからしばらく、梅雨の様な天気が続いていた上海ですが、今日は久しぶりに晴れ上がりました。ここ暫くは、暑さはもちろんですが、蒸した感じがとても気持ち悪かったです。中国語では、蒸し暑いことを、「悶熱」-Menre-(めんるー)と言います。私が最初の頃に覚えた中国語の一つです。

 先日、DOMKE F-2を購入したことを書きましたが、実は、魯班路のカメラ市場に行ったきっかけは、あまりの蒸し暑さに、日本では考えたことも無かった「防湿庫」がどうしても欲しくなったからでした。中国は、「なんでもあるけど、どこにあるか判らない」国なので、結構探しました。このカメラ市場の存在を知ったときも、「防湿庫」なんて誰も使わないだろうと、あまり期待していませんでした。

 が..、カメラ市場には、「防湿庫」の専門店があり、日本と全く変わらない様なモノが日本より多いバリエーションで売られていました。やっぱり、上海。「悶熱」なのは私だけでは無かったようです。

http://www.gd-wandefu.com/ より

 私が買ったのは、Wonderfulというブランドで売られている防湿庫で、

AD-088Cという型番のモノです。70L位のサイズで、800元(1万2千円位)位でした。このデザインは、日本でも見たことが有るような気がしたのですが、この防湿庫を作っている会社のHPには、「日本の会社向けのOEMもやっている」と、書いてあります。日本のモノに比べると、温湿度計など、昔ながらの形ですが、必要十分。我が家の防湿庫は、静かに、一年中40%前後の湿度を保っています。これで、「カメラもレンズも安心!」という感じです。最近の悩みの種は、何でも、この箱にしまいたい衝動を抑えることで、正直、もう少し大きいモノを買っておけば良かったなぁ..。食料品もしまいたいなぁ(笑)なんて、思っています。正直、こっちだと、安いし。

 「悶熱」な上海での必需品の話でした。

sonia

----

|

« DOMKE F-2 | トップページ | 上海移動通信のプリペイドカード »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

中国生活」カテゴリの記事

Nikon」カテゴリの記事

お買い物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悶熱な上海と防湿庫:

« DOMKE F-2 | トップページ | 上海移動通信のプリペイドカード »